Debian8にrbenvでRubyとRailsを導入する

環境

以下の環境で行いました。

vagrant

virtualbox

・box-url: https://app.vagrantup.com/debian/boxes/jessie64

Ruby with rbenv

①apt-getをアップデートする

$ sudo apt-get update

②rbenvに必要なものをインストール

$ sudo apt-get install autoconf bison build-essential libssl-dev libyaml-dev libreadline6-dev zlib1g-dev libncurses5-dev libffi-dev libgdbm3 libgdbm-dev

③gitもインストール

debian8では、rbenvをgitからcloneします。

$ sudo apt-get install git 

※git-coreはいりません パッケージ: git-core (1:2.15.0~rc0-1)

'git-core' パッケージは 'git' に 改名され、新しいパッケージは自動的にインストールされます。この git-core パッケージは現在は廃止予定で、他のパッケージがこれに依存していなければ システムから安全に削除できます。

④rbenvをクローン

$ git clone https://github.com/rbenv/rbenv.git ~/.rbenv

⑤rbenvにPATHを通す

$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc
$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bashrc

⑥設定の読み込み

$ source ~/.bashrc
$ rbenv -v

ruby-buildをクローンする

rbenvにinstallコマンドを使えるようにするには、ruby-buildが必要です。

$ git clone https://github.com/rbenv/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build

Rubyをインストールする

rbenv install -l

でインストールできるRubyのバージョンが表示されます。 今回は、バージョンを2.4.2で指定します。

$ rbenv install 2.4.2

ruby 2.4.2の新しい機能はこちらを参照させていただいてワクワクしましょう。 サンプルコードでわかる!Ruby 2.4の新機能と変更点

⑨rbenvを更新する

rbenvを更新します。

$ rbenv rehash

使用するrubyのバージョンをインストールした2.4.2にします。

$ rbenv global 2.4.2
$ ruby -v

例えば、rubyのバージョンを変更したい場合も簡単に行うことができます。

(ⅰ)rbenv install 2.3.0

(ⅱ)rbenv rehash

(ⅲ)rbenv global 2.3.0

Rails with Gem

①bundlerをインストールする

--no-document をつけないとRDocドキュメントというものが生成されてしまって遅いらしいです。以下のように書き込んでおいて、毎回、--no-documentをするのを避ける作戦。

$ echo "gem: --no-document" > ~/.gemrc

bundlerをインストールする

$ gem install bundler

Railsをインストールする

最新版を入れたければ以下のようにします。

$ gem install rails

バージョンを指定したければ以下のようにします

$ gem install rails -v 4.2.7

③rbenvの更新

$ rbenv rehash
$ rails -v

Railsのバージョンの切り替え

3分でできるRailsダウングレード

$ rails -v
$ gem uninstall rails 
$ gem uninstall railties -v '4.2.1'
$ rails -v
$ gem install rails -v '4.2.0' --no-rdoc --no-ri 
$ rails -v

rubyrailsは関係性が強いので、rubyのバージョンも切り替えたい場合は、railsを消す=>rubyのバージョンを切り替える=>railsを新規に作成する、の順番で行います。

MySQL

MySQLをインストールする

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install mysql-server
$ mysql --version

MySQL5.5.57が入ります(2017/10月時点)。

より新しいものをインストールしたい場合は、こちらを参照させてもらいます。 (個人的には最新版をおすすめ)

Debian 8 に MySQL 5.7.11をインストール

Mysql特有の操作はこちらを参照 MySQLコマンドまとめ

Vimのインストール

Vim の設定

①普通にインストール

$ sudo apt-get install vim

エイリアス /etc/profile

alias vi='vim'

③設定読み込み

source /etc/profile 

Boxとして保存する方法

再利用するためにboxを保存しましょう。 ローカル環境に戻って作業します。

①パッケージ化

$ vagrant package

package.boxが作成されます。

②Virtual Boxに登録

$ vagrant box add box_name package.box
$ vagrant box list

これで完了。

※再利用する場合

$ vagrant init box_name(さっき保存したboxの名前)
$ vagrant up

※ちなみにboxはここに保存されています。

$ ls /home/user_name/.vagrant.d/boxes/

エラー対処

mount: unknown filesystem type 'vboxsf'

vagrantでmountエラーが出た時の対処

参照

How To Install Ruby on Rails with rbenv on Debian 8